東北教区南地区

2006年 南地区リバイバル聖会リポート    戻る

テーマ「アズサストリート・アゲイン」

 

 2006年は「アズサストリート・アゲイン」というテーマで5月21日(日)に午後2時半より、郡山グレースガーデンチャペルで南地区リバイバル聖会が行われました。そして、南地区にある5教会より60名が参加し、講師である中央聖書神学校教授の北野耕一先生よりアズサストリートから続く聖霊の恵みを学び、求め祈りました。

 2006年は世界各地でアズサストリートリバイバル100周年記念が行われています。  世界のキリスト教徒は20億と言われていますが、そのうち4分の1にあたる5億人がペンテコステ、カリスマ派と言われています。

 その原点とも言えるリバイバルの発祥地が米国カルフォル二ア州ロサンゼルス市にあるアズサストリートです。

 北野耕一先生はアズサストリートのリバイバルに至る背景をパワーポイントを用いながら分りやすく説明してくださいました。

 特に100年前の人々のように、聖霊の訪れ、リバイバルを求めるには、危機感と飢え渇き必要であること。そして、それこそが今の私たちに欠けているかもしれないと訴えられ、一同招きに応え共に祈りました。
   
 

 聖会後は5時半まで交わりの時を持ち、解散しました。主の恵みを感謝します。