東北教区の中地区

2007年 中地区聖会報告

テーマ「わたしの教会を建てる」

2007年度の中地区聖会が1月8日(月・祝)午前11時から午後2時30分まで、米沢教会を会場にして行われました。

 

 午前10時30分集合で大久保師の司会のもと11時から聖会が始まりました。講師は泉福音チャペルの伊藤博先生で「正しい教会観」という題で、次の五つのポイントを中心にメッセージしてくださいました。

 教会とは
 @神の栄光をあらわすイエス様の教会である。
 A主の臨在が明らかにされるところである。
 Bみわざがあらわされるところである。
 C祈りがなされところである。
 D福音宣教がなされるところである。
とマタイの福音書16章18節から現代の教会がめざすべき姿について、実際の証や事例をあげて熱く語ってくださいました。

 午後12時半から昼食をとりつつなごやかな雰囲気の中で布施勉先生の司会のもと、証し会が行われ、参加者全員が主にある証や自己紹介、近況報告を致しました。

 

 休憩後には、各教会ごとの祈祷課題に沿って約三十分間一緒にお祈りしました。

 今回は爆弾低気圧等による暴風や天候の悪化で、当日の早朝に聖会を実施するかしないかを決定する事態になりましたが、1月8日は、神が、米沢上空の雪をとどめてくださり、すばらしい聖会を行わせてくださいました(翌日から雪が降ってきました)。

 主イエスの御名を賛美します。そして皆様のお祈りを感謝します。参加者は28名でした。ハレルヤ!報告大久保仁。