東北スプリングキャンプ 2009


●日程 2009年3月26日(木)〜28(土)

●プログラム 参加者への配布版

◆東北スプリングキャンプが開催されました

 

 今年も2009年3月26日(木)〜28日(土)の2泊3日の日程で、
 国立岩手山青少年交流の家を会場に、東北スプリングキャンプが開かれました。

 「教会生活と信仰生活の原点である救いを受け取ること、
  救われているお友達は、救いの素晴らしさとその深みを再確認すること」を目標にして、
 「たいせつなきみへ」というテーマを掲げさせていただきました。

 ジュニア・ユースのクラスは三箇義生先生が、キッズクラスは奥田冬樹先生が、
 講師として奉仕してくださいました。

 キッズクラスでは、奥田先生からヨハネ3章16節を中心に、
 すべての人が神様に愛されていること、そして、すべての人が持っている罪は、
 イエス様の十字架によってのみ救われることを、教えていただきました。
 キッズは、このお話を通して、素直に罪を悔い改めて、
 これからは「本気でイエスさまを信じ続ける」ことを決心しました。

 ユースは、三箇義生からテーマをもとに、罪と救いについて詳しく学びました。
 罪は、神との断絶であり、神の怒りと裁きをもたらすことであること、
 それを解決するのはイエス様の十字架の御業だけであり、この御業は平和をもたらし、
 身代わりの死であったことを学びました。
 計画をもって私たち人間を創って下さった神様に、「繰り返す罪の悔い改め」と
 「罪に打ち勝ち神の計画に従いたい」と心から祈ることができました。

 最終日のジョイジョイタイムでは、アクセサリーを作成し、
 新学年と新しい学校に変わる子供たちのために、みんなでとりなしの祈りをしました。

 3日間の中で、神様が直接子供達に触れてくださったことを深く感じることができました。
 多くの先生方、教会の方々の御協力とお祈りによって、
 今回のキャンプを行わせて頂いたことを心より感謝いたします。

 参加教会は、青森ジョイフルチャペル、青森バプテスト教会、
 イエス・キリスト緑の牧場教会(大館チャペル)、仙台グレースチャペル、
 郡山グレースガーデンチャペル、いわきアッセンブリー教会、信愛キリスト教会、
 福島中央キリスト教会の8教会で、
 参加人数は合計64名(キッズ20名、ジュニア14名、ユース10名、大人7名、教職10名)でした。

 ダウンロード チラシ(WORD)  ポスター(PDF)  プログラム(EXCEL)