フットサル

第3回 東北教区フットサル大会(福島県二本松市)2006

 ワールドカップ2006ドイツ大会でサッカー熱に盛り上がる日本。ベスト4が決定された6月25日(日)。福島県二本松市の体育館で、東北教区の第3回フットサル大会(5人制サッカー)がおこなわれました。
 東北教区では5人制のサッカー、「フットサル」を3年前から有志教会によって始まりました。今年は6月25日(日)午後2時より福島県二本松市の安達体育館で、フットサル大会が開かれました。

 出場教会は、昨年優勝した泉福音チャペル、今回初出場となる山形神召教会、そして信愛キリスト教会、福島中央キリスト教会と郡山グレースガーデンチャペルの5教会。 大会最多の5教会です。

 

 会を重ね参加人数が増えるにしたがい、参加形式も選手層の変化に合わせ、メンズグループ、レディースグループ、キッズグループの3グループ制になりました。メンズグループにエントリーした教会は、泉福音チャペル・福島中央キリスト教会・山形神召キリスト教会です。キッズ部門と今大会からはじまったレディース部門には泉福音チャペルと郡山グレースガーデンチャペルがエントリーしました。

 

 3回目となる今大会では、選手45名と各教会毎のサポーター39名を含めると、参加者は84名にのぼりました。各地で礼拝を終えたメンバーが午後2時に安達体育館に集合しました。教区長の挨拶と試合について形式とルールの説明の後、クリスチャン精神にのっとり正々堂々と戦うことを誓い、試合は開始しました。キックオフとともにサポーターの熱い応援の中、試合は白熱していきました。以下は対戦結果です。

●対戦成績

 

●フットサルの魅力
 教会にとってのフットサルの魅力は、フットサルを通して教会のクリスチャン以外の方とも、楽しくスポーツを通して交流ができることです。今回、山形教会のメンバーも5人中3人は柴崎兄の未信者の友人が参加してくれました。また、泉福音チャペルのレディース・メンバーにも試合にむけて公園で練習中に知り合った未信者の女性が参加して試合をサポートしてくれたのです。

 

 郡山では試合に向けてのフットサルコートで女性たちが練習中、福島中央テレビ(FCT)の取材を受けました。サッカーのワールドカップに因んで組まれたフットサル特集番組です。
 県内で最近ブームとなっているフットサルを紹介する番組で、郡山グレースガーデンチャペルの女性たちの練習風景が映りました。番組を見てくれた方と教会の最近の活動を紹介できて思いもよらない恵みでした。


フットサル